【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

インドネシア ジャカルタで挑む WEBマーケティング

インドネシアには1億3,000万人以上のインターネットユーザーがいます。消費者へのアクセスにはWEBマーケティングが大きな武器となります。

WEBマーケティングに適した国・インドネシア

インドネシアはいま、1億3,000万人以上のインターネットユーザーを抱え、モバイルからLINEをしたり、ツイッターでつぶやいた り、インスタグラムでインフルエンサーの写真をみたりしているインドネシア人が多くいます。2017年からはインフルエンサーを通じて情報をインスタグラムで発信する企業が増えてきました。

インフルエンサーとは
消費行動に影響を与える人物のことで、インターネット上で強い影響力を持つ個人など。その中には芸能人やスポーツ選手といった著名人だけでなく、一般の人々の中で特定分野に詳しくインターネット上で影響力を持つようになったような人物も含まる。

状況に応じてメディアを組み合わせ、トライアルを繰り返す

例えば店舗型ビジネスで来店を促したい場合、LINEやインスタグラムで商品情報やプロモーション情報を発信し、WEBサイトに 誘導するための検索エンジン対策を行い、場合によっては屋外広告や紙媒体などのオフラインメディアも利用、一度来店した顧客には携帯にSMSで再来訪を促すプロモーションメッセージを送るなど、潜在的な顧客が来店して再来訪するまでの導線上のさまざまなポイントで適切なPRを行い、効果測定をしてトライアルを繰り返し行う設計をすることが重要です。

インドネシアで適切なWEBマーケティングをするにはやるべきことが非常に多いため、細かいところまで管理できない場合は、現地の事情に詳しく、PDCAの設計や測定をきちんと行える専門 のWEBマーケティング会社に相談した方がよいでしょう。

PAGI PAGI POST×週刊Lifenesia 各種SNSでも情報発信中
PAGI PAGI POSTでは週刊Lifenesiaでは各種SNSでも情報発信を行っています。詳しくは以下のアカウントをチェック!

インスタグラムで発信してみよう

自社でインスタグラムアカウントを持つだけでなくインフルエンサーに依頼して情報を発信していく企業が増えている。自社商品や自社サービスのターゲット層のフォロワーを多く持つインフルエンサーを探して出して、ダイレクトメッセージを送って協力してもらえないか相談してみるのもいいかもしれません。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー