【視聴無料】インドネシアビジネスEXPO2021開催/最新賃金・人材市場やIoT/生産性向上など21のウェビナーあり

首都の奇数偶数制、時間と曜日変更

(c)kompas

車両のナンバープレートの末尾で通行規制を行う「奇数偶数制」について、ジャカルタ特別州警察交通部は10月18日より適用時間と曜日を変更した。州警察交通部のサンボド部長が15日に発表した。

適用時間は6~10時と、16~20時までの1日2回で、平日のみ実施される。これまでの毎日6~20時よりも短縮される。規制道路はスディルマン通り、タムリン通り、ラスナサイド通りの3区間で変更はない。

加えてサンボド部長は、レベル3活動制限の間に交通量が増加しているため、州警察交通部と州交通局は翌週にも、コロナ禍前と同様の25区間での規制適用を検討すると明らかにした。現在、1日平均の交通量は30~40%程増加しているという。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!