デジタルバンキング・プラットフォーム「Jenius」、サービス拡充へ

(c) TheJakartaPost

上場銀行バンクBTPNが運営するデジタルバンキング・プラットフォーム「Jenius」はこのほど、サービスを拡充すると明らかにした。ユーザーの日常の活動をより快適にするため様々なサービスを打ち出したいとしている。

バンクBTPNは「ラジオ配信の視聴や配車アプリの利用、ランチの支払いなど、これらの活動はすべて金融活動だ」と指摘。さらに「われわれはユーザーの日常の活動にJeniusを導入したい。これをわれわれはライフファイナンスと呼んでいる」と説明する。

Jeniusのサービス拡充の背景には、消費者の間に電子決済が浸透していることがある。最近の調査では消費者の22%が「電子決済を好む」と回答している。これは「クレジットカード/デビットカードを好む」と回答した人とほぼ同じ割合だという。

こうした中、インドネシアでは電子決済を利用したサービスが拡大。中でも配車アプリのGoJekは9月15日、3月から8月にかけて中小零細企業26万5000社が食品配達サービスの「GoFood」に新たに加盟したと明らかにしている。