【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

ウィラント調整相が暴漢に刺され負傷 過激派か

ウィラント調整相(政治・法務・治安担当)が10日午前11時30分頃、訪問先のバンテン州パンデグランで暴漢に襲われ、刃物で腹部を刺されて負傷した。
ウィラント調整相が公用車から降りてすぐ、男が地元住民を装い、握手を求めるふりをして犯行に及んだ。同相はヘリコプターでジャカルタ市内の病院へ緊急搬送され入院。手当を受け、現在は命に別状はないという。
バンテン州警察は、殺人未遂容疑でシャハリ―ル容疑者(31)と、シャハリール容疑者を取り押さえた警察官を刺そうとしたその妻のフィトリ容疑者(21)を襲撃現場で逮捕した。その後の取り調べで、両容疑者がテロ組織「イスラム国(IS)」に忠誠を誓うインドネシアのイスラム教テロ組織「ジャマー・アンシャルット・ダウラ(JAD)」のメンバーと判明し、バンテン州警察は単なる襲撃でなく、テロの可能性が高いとみて詳しい捜査を続けている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー