【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

ジョコウィ大統領新型コロナワクチン接種第1号に

(c) Tempo

1月13日午前中、ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領が中国の製薬会社シノバック製の新型コロナウイルスワクチンを接種した。その様子は「大統領、ワクチン接種第一号に」の見出しで大きく報道された。

大統領は「安全でハラルなワクチン」と印字されたボードの前に座り、大統領宮殿で接種を受けた。大統領の公式インスタグラムアカウントには「まず血圧を測定し130/67でした。次に、これまで新型コロナウイルス陽性だったことがあるか?最近咳や鼻水などの症状があるか?心疾患があるか?腎臓疾患があるか?などいくつかの問診にすべていいえと答え、左腕に接種しました」とワクチン接種時の状況について詳しく投稿された。

また、同ワクチンがインドネシア・ウラマー評議会(MUI)からハラル認証を得ていること、国家医薬品食品監督庁が緊急使用許可を出したこと、有効性は65.3%であることについて言及された。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー