【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

スラウェシ島で地震 震度7.1

インドネシア気象・気候・地球物理学庁(BMKG)によると、14日午後11時17分(現地時間)頃、北マルク州と北スラウェシ州で、マルク州ジャイロロ市北西137キロを震源とするマグニチュード(M)7.1、震源の深さ73キロの強い地震があった。15日未明まで、マグニチュード3,2から5.9の余震28回と、周辺の島では6センチから10センチの津波が観測された。
この辺りは、地球表面を覆う複数の岩板(プレート)がぶつかる場所で地震が発生しやすく、最近はマグニチュード5以上の地震が頻発している。
BMKGは15日に津波警報を解除したが、余震に注意し、また間違った情報に左右されないよう住民に呼びかけている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー