【ビジネスマン必携の1冊】INDONESIA HANDBOOK2021 電子版はコチラ

バンドン地区警察女性本部長を麻薬の疑いで逮捕

(c) Kompas

西ジャワ州警察は16日、バンドン地区アスタナ・アンヤル警察署の女性本部長ユニ・プルワンティ容疑者と部下の警察官11人を覚せい剤使用の疑いで逮捕した。住民からの通報が端緒となり、尿検査を行ったところ陽性反応が出たという。

西ジャワ州警察およびバンドン警察は査問委員会を開き、ユニ容疑者はすでに懲戒免職処分となっている。当局は、「警察官としてあるまじき行為であり誠に遺憾である」と述べ、逮捕された12人から覚せい剤の入手経路などについて調べを進めている。ユニ容疑者は以前、西ジャワ州警察麻薬対策特捜部で捜査の指揮を執っていた。