ミニバスが自転車集団と衝突 7人以上がケガ

南ジャカルタのスディルマン通りで12月28日の早朝、自転車でグループ走行をしていた集団と乗り合いミニバスの車両が衝突し、ミニバスの運転手が逮捕された。
ジャカルタ特別州警察のファーリ・シレガル氏によると、容疑者は公務員で、乗り合いミニバスを運転していたとのこと。警察は容疑者の運転免許証と自動車登録証などを押収し、ミニバスの車両と自転車7台を証拠として押収した。
同氏によると、事故が起こった場所はスミットマス・ビルの近くで、時刻は午前6時10分頃。自転車のグループにミニバスが突っ込み、7人がケガをして近くの病院に救急搬送された。負傷者の一人は頭部に裂傷を負っているという。また、ファーリ氏によると、その他にも学生4人が負傷したとのこと。