【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

津波対策で海岸線への植林を計画 海洋・漁業省

(c) Tempo

海洋・漁業省は西スマトラ州南プシシル県の海岸の5ヶ所で、津波対策強化の一環として6300本の苗木を植林したと11日明らかにした。

同省によると、特にスマトラ島の西海岸やジャワ島南部、ヌサトゥンガラ南部、マルク諸島、パプアなどの海岸は、津波による甚大な被害を受ける可能性が高いため、地域住民の命を守るために植林を行ったと説明している。

またこのようなグリーンベルトを用いた津波対策は、環境や経済の両面から効果をもたらすと考えられており、砂浜の基盤など地域の状況を考慮して被子植物科の「モクマオウ」が使用された。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー