【ビジネスマン必携の1冊】INDONESIA HANDBOOK2021 電子版はコチラ

日本外務省のテロ警戒情報に困惑

(c) Kabar24

AP通信は13日、日本外務省がインドネシアを含む東南アジア6ヵ国において、自爆テロが発生する可能性が高まっていると警告したと報じた。6ヵ国とはインドネシアの他、マレーシア、シンガポール、タイ、フィリピン、ミャンマー。場所や時間などの詳細情報や情報源が不明だったことから、各国で混乱を引き起こした。

これを受けインドネシア外務省は、ジャカルタの在インドネシア日本国大使館に事実確認を行い、そのようなテロ警戒情報はないことを確認した。

一方で、マレーシア、シンガポール、タイの日本国大使館からは、テロ警戒情報が発信されており、在留邦人に対して礼拝所などの人が集まる場所には近寄らないようにと警告している。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!