【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

ルフット調整相:公共の場で活動してもよいのはワクチン2回接種済の者のみ

(c) Tempo

ルフット・ビンサル・パンジャイタン海事・投資調整相は16日、新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株による感染拡大を受け、政府は公共施設の利用要件を厳格化すると発表した。ルフット調整相は「公共の場で活動してもよいのはワクチン2回接種済の者のみ」と発言し、ジャワ・バリ両島における数百万人のワクチン未接種者に対して接種を急ぐよう呼びかけた。

ルフット調整相は、南アフリカにおけるオミクロン株の感染状況モニタリングに基づいてインドネシアにおける感染のピークを2月中旬から3月初旬と予想しつつ、大規模な活動制限には慎重で「最後の手段」であるとの見解を示した。また、事業者に対しては、感染防止対策の一環として従業員の出社比率を2週間程度の間75%以下にするよう求めた。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー