【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

ナイトクラブ火災で11人を逮捕

(c) TheJakartaPost

西パプア州のソロン市にある「ダブル・オー・ナイトクラブ」という店で1月25日、2つのグループが喧嘩になり、店に火を放ったために18人が死亡した。18人の犠牲者の大半は火災による焼死だった。

この事件について西パプア州警察は29日、容疑者11人を逮捕したと発表した。トルナゴゴ・シホンビン署長によると、逮捕された11人のうち2人は犠牲者2人を刺殺した容疑だという。残りの9人の容疑は、店内にいた客、従業員、それにゲストとして招かれていたDJとバンドのメンバーを放火により死亡させたことだとのこと。警察はさらに7人の容疑者の行方を探している。

騒乱を起こしたのは以前から民族的に対立しているグループで、当局は双方のグループの指導者に対して冷静になるよう求め、容疑者の引き渡しに協力を求めている。

 

記事カテゴリー