【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

シンガポールへの電力輸出を計画

(c) Kompas

国営電力PLNは17日、電力用の海底ケーブルを使用し、将来的にシンガポールへ電力を輸出する計画であることを明らかにした。

メガプロジェクトと再生可能エネルギー局のウィルヨ局長によると、PLNは各地点を相互に結ぶ電力用の海底ケーブルをスマトラ島からビンタン島へ、ビンタン島からバタム島へ、その後シンガポールにまで敷設する計画である。これは、あらゆる島々を電力ネットワークで接続するという政府の計画と一致している。

同社はインドネシアで最も長いとされるスマトラ島とバンカ島を結ぶ電力用の海底ケーブルを運営している。これにより、バンカ島における電力生産コストの削減と、石油燃料への依存を緩和することを実現した。

 

記事カテゴリー