【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

レバラン前後に高速道路で一方通行規制実施

(c) Kompas

インドネシア国家警察交通隊は、レバラン休暇前後の帰省およびUターンラッシュに対応するため、チカンペック高速道路の一部区間で一方通行規制および奇数偶数制を実施すると発表した。

ジャカルタ首都圏から地方への一方通行は、チカンペック高速道路の47キロ地点からカリカンクン料金所(414キロ地点)までの区間。期間は4月28日から5月1日までの4日間で、4月28日は17~24時、29日および30日は7~24時、5月1日は7~12時が適用時間となる。

地方からジャカルタ首都圏への一方通行は、5月6日の14~24時にカリカンクン料金所からチカンペック高速道路47キロ地点間で実施する。7日の7~24時および8日7時から9日3時は、カリカンクン料金所からハリム料金所(3.5キロ地点)の区間で実施する。

奇数偶数制についても、一方通行規制と同じ日程・区間で実施する。なお、救急車や消防車などは規制の対象外となる。

 

記事カテゴリー