【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

レバラン前後の飛行機増便 ガルーダ航空

(c) Liputan6

国営ガルーダ・インドネシア航空は、レバラン前後の4月25日から5月10日の期間に、乗客者数が35%増加すると予測している。これに伴い、特に需要の高まるルートにおいて増便を行うと明らかにした。イルファン社長が19日に述べた。

増便が運航されるルートは、ジャカルタを発着地としてバリ、スラバヤ、メダン、ジョグジャカルタ、パダン、ポンティアナック、ソロ、バンジャルマシン、スマラン、バリクパパンを結ぶルート。これらは特に需要の高いルートとなっている。

ピーク期間中、ガルーダ航空および子会社のシティ・リンクは、国内線および国際線合わせておよそ85万5000席を準備する計画である。

 

記事カテゴリー