【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

運輸省、航空運賃の値上げを許可

(c) TheJakartaPost

運輸省は、世界的な石油価格の高騰を受け、航空会社に対し国内線エコノミークラスの運賃引き上げを許可した。燃料サーチャージに関する運輸相令「2022年第68号」で定められ、4月18日から適用される。3ヵ月ごとに見直しを行う。

法令によると、燃料価格の上昇が航空会社の運営コストに10%以上影響を与える場合、政府は航空会社に対し消費者に追加料金を課すことを許可するとした。追加料金は、通常の上限価格よりジェット機で最大10%、プロペラ機で最大20%までとなる。運賃の上限価格と下限価格に変更はない。

国内の主要3空港(スカルノハッタ国際空港、バリのングラライ空港、スラバヤのジュアンダ空港)における4月第1~2週の航空燃料価格は、石油企業プルタミナのデータによると、前年比で60%以上上昇した。

 

記事カテゴリー