【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

バイクタクシー運賃引き上げ準備期間を延長

(cc) Kompas

運輸相は、ゴジェックやグラブなどのオンラインバイクタクシーの新しい運賃規則に関して、サービス提供企業の運賃調整期間を25日間に延長した。これまでは、運輸相令が制定された8月4日から10日以内となる8月14日までを期限としていたが、延長され8月29日が期限となった。

運輸省は、制定後のレビューの結果に基づき、オンラインバイクタクシーが非常に広くコミュニティの移動に関連していることを考慮し、全ての利害関係者が新しい運賃規則を適用するにはさらに時間を要すると判断し、期限の延長を行った。

新しい運賃規則では、ジャカルタ首都圏において、初乗り運賃にあたるサービスマージンが以前の8000~1万ルピアから1万3000~1万3500ルピアへ上昇した。1キロあたりの運賃は、最低価格が600ルピア上がり2600ルピア、最大価格が200ルピア上がり2700ルピアに引き上げとなった。

 

記事カテゴリー