東京ヴェルディサッカークリニックを支援 | TechSports株式会社

SDGsの「誰一人取り残さない」という理念に共感し、東南アジアを中心とした海外のサッカー普及・強化を支援するTechSports株式会社は12日、支援の一環として東京ヴェルディと協力し、ジャカルタにて盛大なサッカークリニックを実施したと発表した。

サッカークリニック「東京ヴェルディ・クリニック ジャカルタ by TechSports」は、同社がメインスポンサーを務め、東京ヴェルディと現地の日系企業サムライボーラー(https://samuraibola.com/)の全面的な協力を得て成功裏に終えた。東京ヴェルディがコーチや通訳を派遣し、サムライボーラーが現地のコーディネーション業務を担った。また、現地のマンダムおよび大塚製薬から物品提供を受け、多くの子供たちの笑顔につながった。

同社はインドネシア代表選手で、東京ヴェルディに完全移籍で加入したプラタマ・アルハン選手(インスタフォロワー約280万人)の代理店業務を行っている。