【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

ムラピ山で火砕流 警戒レベルは「注意」維持

ジョグジャカルタ特別州の地質災害技術調査・開発研究所(BPPTKG)は、中部ジャワ州とジョグジャカルタ特別州にまたがるムラピ山(標高2930メートル)で7日午後6時46分(現地時間)、火砕流を確認した。
火砕流は、ゲンドル川方面への到達距離が1000メートルを超え、BPPTKGは警戒レベルを4段階中上から3番目の「ワスパダ(注意)」とし、火口から半径3キロメートル以内の住民に警戒を呼び掛けた。また当面は地質調査や防災研究を目的とした入山以外を禁止し、一般客の登山は控えるよう勧告している。
ムラピ山はインドネシアで最も活動的な火山のひとつで、標高1700メートル地点に村があり、中腹には今も数千人が暮らしている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー