インドネシア事業に関する無料相談はこちらから

インドネシアとオーストラリア、労働者対象の人材交流プログラム実施へ

インドネシア政府は今度、オーストラリアと労働者を対象にした人材交流事業を行う見込みだ。

アグス・スパルマント貿易相は「保健医療、通信、運輸、観光などの部門で就労するインドネシア人労働者は、このプログラムに参加する資格がある。

プログラムでは最長半年にわたり、オーストラリアで研修を受けるとともに、就労経験を持つことができる」と説明する。

インドネシア政府は初年度にはインドネシア労働者100人をこのプログラムに参加させたいとする。その後、参加者の数を増やしていき、5年内にこれを500人に増やしたいとする。

この事業は、インドネシアとオーストラリアとの包括的経済連携協定(IA-CEPA)の一環だという。