5/14-15 チカラン・ジャカルタで交流会開催!詳細はこちら

債務の救済措置、銀行が延長を呼びかけ

インドネシアの銀行は、金融サービス庁(OJK)に対し、債務に関連する救済措置を継続するよう呼び掛けている。新型コロナウイルスの流行が継続しているため。

国営銀行協会は今回、OJKにこの措置を少なくとも2021年まで継続するよう求めたと説明した。

同協会は「この措置は銀行部門と小売部門にとって非常に助けとなっている」とする。

OJKは3月、債務の評価と債務の再編に関する要件を緩和する措置を打ち出した。