【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

マスク不使用者に罰金適用へメダン

(c) TribunNews

北スマトラ州メダン市政府は14日、基本合意文書(MoU)を締結し、屋外でマスクを使用していない住民や同市内で勤務する者に罰金10万ルピアを適用すると明らかにした。

またマスク500万枚を配布し、できるだけ多くの手洗い所を設けるほか、身体的距離を保つよう呼びかけるなど、衛生プロトコルの周知にも力を入れる。自治体の警備隊(Satpol PP)やボランティアの大学生が中心となり、マスク着用を呼び掛ける風紀取り締まりも行うという。

マスク着用の義務化に伴う罰金の適用は、すでに他の地域でも開始されており、感染者数が日々増加するメダン市もこれに続いた。罰金を適用している地域は、ジャカルタ特別州やジョグジャカルタ特別区バントゥル市、バンテン州レバック県などで、適用期間や金額は各地で異なり、罰金は10万ルピアから25万ルピアとなっている。

新型コロナの影響によるインドネシアへの最新入国事情はコチラもご確認下さい。
※WEB Lifenesiaへ

新型コロナによる影響は?|インドネシア最新出入国事情と社会規制情報まとめ【入国者体験談付】

 

記事カテゴリー