日本企業の投資誘致へ、情報プラットフォームを導入

(c) TheJakartaPost

インドネシア政府はこのほど、同国と日本の経済・投資関係を拡大するのに向けたプラットフォーム「日本インドネシア・パートナーシップ・ラウンジ」を発表した。これにより、日本企業によるインドネシアへの拠点の移転を促す意向だ。

日本インドネシア・パートナーシップ・ラウンジは統合データプラットフォームで、日本とインドネシアの経済協力の可能性に関する情報を提供する。同時に新型コロナウイルスの流行拡大とそれに伴う移動制限で打撃を受けた経済の回復に向けたインドネシアの取り組みの一環として、投資環境のプロモーションも行う。