【重要】LINE公式アカウントを統合&キャンペーン実施 友だち登録して続報をお待ちください

シンガポールとの公務・ビジネスのための往来再開に新たな措置

(c) TheJakartaPost

バンテン州タンゲランのスカルノ・ハッタ国際空港で10月26日から、インドネシアとシンガポールの両国間を公務またはビジネス目的で往来する人のための専用レーンが設けられた。

両国間の外交や重要なビジネス目的の出張が円滑に行えるよう両国が合意したことによるもので、相互グリーンレーン(RGL)と呼ぶスキームに沿い衛生プロトコルを遵守することを前提に2国間の往来を促進する。

渡航者はサーモグラフィで体温のチェックを受けた後、チェックインカウンターに進み、72時間以内に陰性と結果が出たPCR検査の結果を提示する必要がある。

また、搭乗前にはアプリやWEBサイトからの電子健康状態申告書(e-HAC)に健康状態を登録し、入国時にこれを提示する必要がある。PCR検査で陰性が確認されるとそのまま入国が認められるが、陽性の場合は隔離を求められる。

 

記事カテゴリー