【大好評企画】インドネシア入国セミナー開催 無料視聴申込はこちら

電気自動車がお目見え、スカルノハッタ国際空港

スカルノハッタ国際空港では、全ターミナルに様々なタイプの電気自動車が導入されている。空港運営会社アンカサプラⅡは、電気自動車の導入によりサービスの改善を図りたいとする。
旅客ターミナル内では、60台以上の電動バギーカーが使用されている。利用者は無料でこれを使うことができる。また国営ガルーダ・インドネシア航空によって使用されている60人乗りの電気バスも活躍。これは空港の従業員の輸送に使われている。
さらに各ターミナルを結ぶスカイトレインは午前4時33分から深夜0時30分までの間、毎日運行する。
また配車アプリのグラブと連携して導入されたスクーターも電動だという。

 

記事カテゴリー