【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

パン・ブラザーズ、PPEとマスクの生産・輸出縮小へ

(c) TheJakartaPost

インドネシアの衣料品製造大手パン・ブラザーズはこのほど、個人用防護具(PPE)とマスクの生産・輸出量が2021年に縮小する見通しだと明らかにした。各国で新型コロナウイルスワクチンの開発が広がっているため。

パン・ブラザーズは「PPEとマスクの輸出は2021年に、前年の30~40%にとどまるだろう。2021年のPPEとマスクの輸出は2020年を大きく下回ることになる」と予測する。

同社は「各国で新型コロナウイルスワクチンの導入が進もうとしている。このためインドネシアと世界各国で、ワクチンへの移行にあたり、PPEとマスクの需要は2020年に比べて確実に少なくなる」と説明している。

これまでに英国が米ファイザーの新型コロナウイルスワクチンを承認している。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー