【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

ジャカルタ特別州警察 リジック氏らを逮捕

(c) Kompas

ジャカルタ特別州警察は12日、イスラム強硬派団体「イスラム擁護戦線(FPI)」の指導者ハビブ・リジック・シハブ氏を含む関係者5人を、新型コロナウイルス感染拡大防止の衛生プロトコルを遵守しなかった疑いで逮捕した。

同氏らは10日に容疑者認定を受け、逃亡を防ぐため海外渡航も禁止されていた。 リジック氏らは、娘の結婚式やマホメット降誕祭で1万人ほどの市民を集めたとして2度出頭要請を受けていたが、同氏はこれに応じてこなかった。

また前日の9日には、FPIの構成員10人が同氏の逮捕を阻止しようとして警察を襲撃し、うち6人が警察に射殺される事件も発生。 リジック氏は、イスラム教徒へ報復をしないよう呼び掛けるも、緊迫した状態となっている。

 

 

記事カテゴリー