【人気校が登場】第2回インター校セミナー開催!無料視聴申込はこちら

過激派指導者が出所 バリ島テロ関与

(c) TheJakartaPost

バリ島で外国人観光客を含む200人以上が犠牲になった2002年の爆弾テロ事件に関与したアブ・バカル・バシル元受刑者(82)が8日、刑期満了のため刑務所を出所した。

バジル氏の弁護団と家族が、白装束に身を包み車椅子に乗った同氏を迎えた。バジル氏は、イスラム過激派組織ジェマ・イスラミア(JI)の精神的指導者とされており、バリ島テロ事件とは無関係のアチェ州での過激派訓練への資金提供の罪で2011年に禁固15年の判決を受けて服役していたが、イドゥルフィトリ恩赦や病気を理由に計55カ月減刑を受け、この度出所した。

国家テロ対策庁は、影響力は保持されているとみて同氏の動向を注視していく方針。

 

記事カテゴリー