【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

南カリマンタン州で洪水

(c) DetikNews

南カリマンタン州全域で12日から14日にかけて豪雨が降り続き、大規模な洪水が発生した。気象庁(BMKG)によると、16日時点で6300棟以上の民家が浸水被害に遭い、累計2万2000人以上が避難を強いられた。水位の高いところでは2メートルに達したという。

サビリン・ノール州知事は、警戒レベルのステータスを「緊急対応」に引き上げ、さらなる洪水や地滑り、竜巻や高潮などに警戒し、BMKGの情報に注意するよう呼び掛けている。またジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は、国軍やバサルナス(国家救命隊)を現地へ派遣し、救助や物資の支援活動が行われている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー