【重要】LINE公式アカウントを統合&キャンペーン実施 友だち登録して続報をお待ちください

南カリマンタン州の洪水被害 市民団体が国を提訴へ

(c) TheJakartaPost

1月中旬に南カリマンタン州バンジャルマシンを襲った大規模な洪水被害について、複数の市民団体が共同で国を相手に訴訟を起こすことを計画している。同州では2つの県を除いてすべての地域で洪水が発生し、少なくとも21人が死亡し、11万人以上が非難した。

環境保護活動家らは洪水の原因は多数の鉱山開発のための森林破壊にあると主張したが、政府は単なる異常気象が原因という立場をとっている。

ジョコ・ウィドド大統領も多量の降雨により最も大きな川が氾濫したことで洪水が起こったと述べている。

航空宇宙局(LAPAN)のデータによると、南カリマンタン州では2010年から2020年の10年間に1万3千ヘクタールの原生林、11万6千ヘクタールの二次林、14万6千ヘクタールの水田、4万7千ヘクタールの低木林が失われている。

 

記事カテゴリー