【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

「B40」の導入、CPO価格上昇で暗雲

(c) TheJakartaPost

粗パーム油(CPO)の価格が高騰する中、2021年7月までに軽油にバイオディーゼルを40%混合した「B40」を導入することを盛り込んだインドネシア政府の計画の実現性に課題が出ている。

インドネシア政府はバイオ燃料補助金を46兆ルピア(約32億9000万米ドル)の予算から調達する計画を打ち出していた。

しかし、CPO価格は2021年に1トン当たり1080米ドルと、2020年5月時点の同530米ドル程度から大きく上昇しており、この予算規模では足りないとの見方が出ている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー