【ビジネスマン必携の1冊】INDONESIA HANDBOOK2021 電子版はコチラ

ジョコウィ大統領 教員へのコロナワクチン接種で学校再開へ期待

(c) Jakarta Globe

教師や学校関係者へのワクチン接種が開始されたことを受け、ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は、新学期が開始する7月には通常の対面授業を行える可能性が高いと期待を寄せている。

大統領公式ユーチューブで2月24日、明らかにした。インドネシアでは、フェーズ2の予防接種プログラムについて他の公務員とともに教師を優先しており、同月24日にはジャカルタ特別州にある第70公立高校で教師や教育スタッフ合わせて約650人が学校関係者として初の予防接種を受けた。

過密状態を避けるため3回に分けて行われ、各グループは最大250人までと人数制限が設けられた。今後は、ジャカルタ特別州以外の州でも教師らへの予防接種が順次開始される。