【ビジネスマン必携の1冊】INDONESIA HANDBOOK2021 電子版はコチラ

東南アジアの航空需要回復、インドネシアがカギに=ボーイング予測

(c) TheJakartaPost

インドネシアの航空市場の需要の回復において、インドネシア市場が重要な役割を果たす――。米航空機大手ボーイングがこのほど、こうした見方を示した。

ボーイングの幹部はこのほど、同社が2020年から2039年にかけて、東南アジア地域に機材4400機を新規に納入する見通しだと説明する。このうち4分の1がインドネシア向けになるとみている。

ボーイングは「インドネシアでは中間層の拡大と島しょ国であるために国内の航空需要があるため、航空需要がこの期間に伸びていくだろう」と説明する。

ボーイングはまた東南アジア地域の航空需要は2020年から2039年にかけて、年間5.7%のペースで伸びていくと予想する。