【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

不動産と建設、自動車、2021年の経済回復のけん引役に=フィッチ

(c) TheJakartaPost

不動産、建設、自動車が2021年にインドネシア経済の回復におけるけん引役となる――。格付け大手フィッチ・レーティングスがこのほど、こうした見通しを示した。

フィッチ・レーティングスのオリー・プラユディ氏はこのほど、「2020年に大きな打撃を受けた不動産、建設、自動車の3部門は、2021年には、新型コロナウイルスの流行以前の水準までいかなくとも、改善がみられるだろう」と指摘する。

フィッチ・レーティングスは2020年には、建設と不動産部門の見通しに関して、繊維部門と並ぶ大きな下方修正を実施した経緯がある。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー