【視聴無料】インドネシアビジネスEXPO2021開催/最新賃金・人材市場やIoT/生産性向上など21のウェビナーあり

LRTジャカルタ、2022年7月から運行開始へ KAIが明らかに

(c) Tempo

国営インドネシア鉄道会社(KAI)は12日、市内から郊外を結ぶ軽量高架鉄道(LRT)ジャカルタが2022年7月に運用開始となる見通しを明らかにした。

KAIによると、同社と他の国営建設会社であるPT.Adhi KaryaやPT.Inka、PT.LEN Industriの協働によりプロジェクトは順調に進み、同月5日時点でLRTジャカルタの第1期工事の工事進捗率は83.37%に達しているという。

KAIのサイド・アキルチーフコミッショナーは10日、東ジャカルタ区チブブールにあるハルジャムクティ駅の視察を終え、「LRTジャボデベック(ジャカルタ特別州と西ジャワ州ボゴール、デポック、ブカシを結ぶ)を含む今回の国家戦略プロジェクトは滞りなく進行し、問題は何もない。

LRTの建設により交通渋滞を減らすことが可能となり、国民の経済を後押しする大きな社会的影響を与えるだろう」と述べた。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!