【ビジネスマン必携の1冊】INDONESIA HANDBOOK2021 電子版はコチラ

トミー・スハルト氏所有のスーパーマーケット 2年で閉店

(c) DetikFinance

故スハルト元大統領の三男で実業家のトミー・スハルト氏が所有する、ボゴール市チブブールにあるスーパーマーケット「ゴロ・スーパー・グロシール」が2020年末に閉店していたことが分かった。

スーパーマーケットがあった場所は柵で閉ざされ、敷地内には丸太が無造作に転がっており人の手で管理されていない様子で、柵には「2020年12月16日、タンゲラン市のアイコンシティウォーク内に移転」との告知が印字された横断幕が設置されている。しかしアイコンシティウォーク内に移転後、実際に開店したのは今年の4月だった。

同スーパーマーケットはブルカリャ・マクムル・スジャトラ社によって設立された新しい食品販売店で、トミー・スハルト氏は同社の代表コミサリスを務めている。ボゴール市の店舗は1.6ヘクタールの広大な土地に建設されていたが、僅か2年で閉店を迎えることになったようだ。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!