【ビジネスマン必携の1冊】INDONESIA HANDBOOK2021 電子版はコチラ

コブラに2回噛まれた男性が死亡 南タンゲラン

(c) TribunNews

バンテン州南タンゲラン市セトゥ郡セトゥ区の民家で4月22日、同日に2回コブラに噛まれた男性(28)が死亡した。

男性は友人に頼まれ、友人の家へ侵入したコブラを駆除するためコブラを捕まえて籠に入れようとしたところ左腕を噛まれ、最寄りの地域診療所へ自分の足で向かった。そこでは、噛まれたところをアルコールで消毒しただけで、そのまま帰宅。その後男性は、またコブラを駆除しようして再び噛まれたという。

友人によると、1度目に噛まれた時は男性の健康状態に問題はなかったものの、2度目はすぐに失神したという。男性は病院へ搬送されたもののヘビ毒に効く血清がなく、運ばれた別の病院で死亡が確認された。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!