【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

インドサット、第1四半期は12.6%増収確保

(c) TheJakartaPost

インドネシアの通信大手インドサット・オーレドゥはこのほど、同社の2021年第1四半期(1~3月)の決算で、売上高が7兆3000億ルピアとなり、前年同期から12.6%増加したと明らかにした。

売上高全体のうち携帯部門の売上高は前年同期比12.5%増の6兆ルピア、固定データ部門の売上高は同15.8%増の1兆1600億ルピアとなった。法人部門も売上高が1兆3000億ルピアで、前年同期から17.1%のプラスを確保している。

第1四半期のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は前年同期比42.5%増の3兆4000億ルピアに上った。

インドサット・オーレドゥは声明で、「新型コロナウイルスの流行拡大を受けた課題に直面する中でも、わが社は2021年に満足いく成果を得られた」と指摘する。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー