【ビジネスマン必携の1冊】INDONESIA HANDBOOK2021 電子版はコチラ

製紙工場でガス漏れ 数百人に被害 カワラン

(c) Tempo

西ジャワ州カラワン県の製紙工場で3日午後、ガス漏れが発生した。近隣住民102人がガス中毒の症状を訴え、医療機関に搬送された。

多くの住民に呼吸困難や頭痛、嘔吐の症状が確認された。ガス漏れが発生したと見られるのは、ピンド・デリ・パルプ・アンド・ペーパー・ミルズの第2製紙工場。

被害者のひとりペンディさんによると、「鼻を刺すような異臭がし、動悸がした。これまでも頻繁にガス漏れがあったが、今回は特にひどかった」と話している。カワラン警察は工場関係者や参考人6人から取り調べを行い、ガス漏れの原因や管理に問題がなかったかなど詳しく調べている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!