【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

搭乗客にワクチン無料接種 ガルーダ航空 

(c) Kompas

国営ガルーダ・インドネシア航空は6月30日、スカルノハッタ国際空港(バンテン州タンゲラン)第3ターミナルで、搭乗客を対象にしたワクチンの無料接種サービスを始めた。ワクチン接種が可能な時間帯は午前8時から午後2時まで。
中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)社製のワクチンを使用する。接種条件は18歳以上で、住民登録証(KTP)などの身分証明書と搭乗券の掲示が求められる。イルファン社長は、「本サービスの提供は、ワクチン接種プログラムを加速させたい国の取り組みに対する支援の一環であり、保健省と共同で行っている」と地元紙の取材に答えた。ワクチン接種の対象者がすでに1回目を受けている場合、証明書の掲示で2回目の接種も可能だという。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー