【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

首都移転計画 1年遅れで再稼働へ

(c) TheJakartaPost

新型コロナウイルス感染症の感染爆発のために昨年秋以降ほぼ1年に及んで実質的な動きが停止していた首都移転について、ジョコ大統領が移転計画を本格化する動きを見せている。

ジョコ大統領は8月24日に移転先となる東カリマンタン州を日帰りで訪問し、新首都に繋がる予定の高速道路の視察などを行い、その翌日の会議で「首都移転を計画通り進めていく」と発言している。

ジョコ大統領に同行したプラボゥオ・スビアント国防相は、「政治の中心とビジネスの中心を分離し、遷都を行う勇気を持たなければならない」と発言し、大統領の首都移転計画を全面的に指示する意向を示している。

昨年、感染拡大防止に全力を尽くすために計画の一時中断を決めて以来、政府が首都移転を行う意向を示したのは今回が初。首都移転には総額466兆ルピアの費用がかかるとされている。

 

記事カテゴリー