【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

e-HACから個人情報漏洩 旧バージョンは削除を

(c) Kompas

国内外の移動の際に使用が義務付けられていた政府指定アプリ「e-HAC Indonesia」について、利用者130万人分のデータが漏洩した疑いが明らかになった。漏洩が疑われるデータには、氏名や電話番号のほか、パスポートナンバーやパスポート写真も含まれている。

8月31日に保健省が会見を行い、データ漏洩の疑いがあるのは7月2日まで使用されていた旧バージョンのGooglePlayストアのe-HACと説明した。現在の新バージョンは、ワクチン接種証明などで使用するアプリ「プドゥリ・リンドゥンギ」に統合されており、単体での運用は行っていない。また、新バージョンおよびプドゥリ・リンドゥンギは、旧バージョンと別のサーバを利用している為、データ漏洩の可能性はないという。

保健省は利用者に対し、7月2日以前にダウンロードされた古いバージョンのe-HACを削除またはアンインストールするよう呼びかけている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー