【ビジネスマン必携の1冊】INDONESIA HANDBOOK2021 電子版はコチラ

西パプアのLNG事業、CO2排出量半減へ | タングーLNGプロジェクト企業連合

(c) mitsubishicorp WEBサイト

西パプア州のタングーLNG(液化天然ガス)プロジェクトに関わる日本の企業連合は8月30日、SSK Migas(インドネシア石油ガス上流事業監督執行機関)より、CCUS(二酸化炭素回収・利用・貯留)事業を含む開発計画について承認を得たと発表した。

本CCUS事業では、天然ガスの生産に伴い排出される二酸化炭素を累計で約2500万トン回収し、ヴォルワタガス田に再圧入・貯留することで、二酸化炭素の排出削減と同時に天然ガスの生産効率向上・増産を図る。これにより、同プロジェクト全体の二酸化炭素排出量が約半分に削減されることとなる。

企業連合は三菱商事株式会社、株式会社INPEX、JX石油開発株式会社、三井物産株式会社、エルエヌジージャパン株式会社、住友商事株式会社、双日株式会社から成る。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!