【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

バイオ燃料含有の航空機燃料を開発

(c) TheJakartaPost

民間企業、政府、大学から成るコンソーシアムが、パーム油由来のバイオ燃料を混合した航空機用燃料を使用した飛行機の試験飛行を行っている。国内生産品の使用率を高めることを目標とする政府の方針に沿うもの。

燃料は「Bioavtur J2.4」という名で呼ばれ、精製パーム油を原料とするバイオ燃料を2.4%混合していることを意味している。バンドン工科大学(ITB)が開発した触媒を使用して、国営燃料会社プルタミナがバイオ燃料を製造し、国営航空機製造会社ディルガンタラ・インドネシアが機体と試験場所を提供し、エネルギー・鉱業資源省が全体を統括している。飛行機の機長は通常の燃料との違いは感じないと述べている。

バイオ燃料の混合は温室効果ガス排出削減のため、ノルウェーとフィンランドでは義務化されており、その他のヨーロッパ諸国と米国でも導入が進められている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー