【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

初のインドネシア人船長誕生 | 日本郵船株式会社

(c)日本郵船 WEBサイト

日本郵船株式会社は14日、同社グループの船舶管理会社が、同社グループが運航している液化天然ガス(LNG)運搬船では初となるインドネシア人船長としてアセップ・クルニアワン氏を10月8日付で登用したと発表した。長期にわたるインドネシア人船員育成プロジェクトの具体的成果となる。

アセップ船長は2002年から同社グループに在籍し、おもにコンテナ船やケミカルタンカーに乗務し、2008年からLNG船乗務を開始した。その後LNG船の航海士として経験を積み、現在パプア州でのタングーLNGプロジェクトに輸送サービスを提供するLNG船の船長として実職務に就いている。アセップ船長は「安全運航達成のため、船長としての責任をもって業務に取り組み、最善を尽くしていきます」とコメントした。

同社グループは、今後も優秀なインドネシア人船員を養成し、タングーLNGプロジェクト、ひいては同国の海事産業発展への貢献を目指す。

 

記事カテゴリー