【視聴無料】インドネシアビジネスEXPO2021開催/最新賃金・人材市場やIoT/生産性向上など21のウェビナーあり

プルタミナ国内最大規模の製油所で火災

(c) DetikNews

11月13日19時20分頃、中部ジャワ州チラチャプ県にある国営石油会社プルタミナの国内最大級製油所で火災が発生し、周辺住民約80人が一時的に避難した。3時間ほどで消火活動が終了し、現在は通常運転を再開している。死傷者はいない。

15日に中部ジャワ州警察署アフマド・ルトフィ署長が調査結果について会見を行い、火災の発生原因は落雷であったと発表した。ルトフィ署長は6名の関係者から事情聴取を行い、製油所に設置された7台の防犯カメラおよび気象気候地球物理庁(BMKG)から入手した気象情報を基に火災原因を特定したと述べた。火災現場からは炎と黒煙が立ち上がり、雨にも関わらず300メートル先から肉眼で確認できるほどだった。

同製油所での火災は1995年から今年までの間に計7回発生している。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!