【オンライン開催】インドネシア入国セミナー2022 入国前に不安を解消します

国家医薬品食品監督庁、ブースターとして使用できる5種類のワクチンを緊急使用許可

(c)Kompas

国家医薬品食品監督庁(BPOM)は、1月10日、ブースターおよび3回目接種用ワクチンとして、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、コロナバック、ジフィバクスの5種に緊急使用を許可した。

国家医薬品食品監督庁のペニー長官は記者会見で「これらの5種類は全国のワクチンの専門家チームによるレビューと評価プロセスを通過したものだ」と述べた。

ジフィバクスは、今回シノバックおよびシノファームに対する異種混合接種が可能として緊急使用が許可された。以前に一次ワクチンとしてシノバックおよびシノファームを接種した人は、ジフィバクスの接種が可能と説明されている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!