衝突事故でバイクの運転手が高架橋から落下

西ジャカルタ市ペンシ区ダアアン・モゴット高架橋で7日午前6時50分頃、普通自動車とバイク3台が衝突する事故があった。この事故でバイクを運転していた男性1人が高架橋から約10メートル下の公共バス「トランスジャカルタ」の専用道路に転落し、手足などを骨折する重傷を負った。命に別状はないという。他の運転手2人も、鎖骨や脚に軽傷を負った。

目撃者によると、普通自動車が中央分離帯を乗り上げ、前方から来たバイクと衝突したという。警察は普通自動車の運転手から話をきくとともに、詳しい事故の原因や経緯を調べている。

この高架橋でのバイクの通過は禁止されており「バイクが侵入しなければ、車の物損事故で済んだかもしれない。運転手だけに非はない」や「警察がバイクの侵入の取り締まりをするべき」などの意見が寄せられている。