【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

バンテン州沖地震 被害が明らかに

(c) Merdeka

ジャワ島西部バンテン州の沖合で1月14日に発生したマグニチュード(M)6.6の地震の被害状況が明らかになった。

17日時点の被害状況は、パンデグラン県、セラン県、レバック県、スカブミ県、ボゴール県で住宅395軒が全壊、692軒が半壊、1991軒の一部損壊が確認された。また学校51校、医療施設17ヶ所、政府建造物8ヶ所、会社3社、礼拝所21ヶ所が損壊した。最も被害が深刻だったパンデグラン県では人的被害も発生し、重傷者2人、軽傷者8人が報告された。

国家災害対策庁(BNPB)は支援金5億ルピア、毛布300枚、マスク5000枚、テント3セット、食料品などの支援物資を送り、救援活動を行っている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー