【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

インドネシアの食品配達取引額、21年は24.3%拡大

(c) TheJakartaPost

ベンチャーキャピタルのモメンタム・ワークスはこのほど発表した報告書で、インドネシアの食品配達市場の2021年総取引額(GMV)は、前年の37億米ドルから46億米ドルへと24.3%拡大したと明らかにした。

インドネシアの2021年のGMVは東南アジア諸国の中で最大規模で、タイが40億米ドル、シンガポールが29億米ドルで続いた。インドネシアの食品配達部門のGMVは同国とタイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、ベトナムの6カ国全体の29.6%を占めるという。

この6カ国の食品配達部門のGMVは2021年に全体で155億米ドルに達し、前年から30%伸びた。ただし、2020年の前年からの伸び率183%からは伸び率が減速した。

 

記事カテゴリー